スポンサーリンク
スポンサーリンク

テキストの取得・変更

jQuery

HTMLファイルに含まれるテキストをjQueryで
取得・変更するには、text()という命令を使用します。

テキストの取得

text()の括弧内に何も記述しない場合、セレクタで指定した要素に
含まれるテキストを取得できます。

サンプルコードの31行目をみると
$(“#test1”).text()
と書かれていて、そこでHTMLの<p id=”#test1″>の
「試しに何かを書いてみる。」を取得しています。

テキストの変更

34行目で「試しに何かを書いてみる。」を
「変更完了!」と文字に変えています。

35行目は何も書かれていない物を
「文字を追加する。」と文字に変えています。

このようにtext(“何かしらの文字”)で
文字を追加することができます。

実行結果はこちらです。

console.logについて

サンプルコードの31行目の
console.log()と命令ですが、
これはブラウザの「console」という
箇所に値や文字を出力するための命令です。

確認方法は、Chromeだとブラウザを立ち上げ
このサンプルコードのファイルを読み込んで
F12ボタンを押します。その後に
「Elements」「Network」といった窓がでます。
そこの「console」タブをクリックすると
「試しに何かを書いてみる。」と変更前の
テキストが表示されているのが分かります。

動作確認時に使用することもあるので
覚えておくといいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました