*

「 月別アーカイブ:2016年02月 」 一覧

散布図のデータに応じて目盛りを調整する

散布図に目盛りを表示してみます。 サンプルコードの実行結果はこちら [crayon-5dd76d701bc9d711754436/] サンプルコードについ

続きを見る

散布図を作成

2016/02/28 | D3.js

散布図は2つの項目の関係性を調べるのに利用します。。D3.jsでは散布図を表示すための専用のレイアウト機能は用意されていないので、SVG図形を作成して、自分で表示するための座標データを作成する必要があ

続きを見る

ボタンをクリックして、折れ線グラフの表示範囲を変える

JSONファイルからデータを読み込んで折れ線グラフを表示します。グラフのデータの読み込みは10年分のみにします。 サンプルコードの実行結果はこちら [crayon-5dd

続きを見る

データセットと日付を対応させてみる

2016/02/26 | D3.js

前回の記事で、JSON形式のデータを扱ったデータには、折れ線グラフの数値だけではなく、年度のデータも含まれています。今回は横軸である下の目盛りにデータのの年数を表示します。 { year

続きを見る

JSONみたいなデータを読み込んでグラフにする

2016/02/25 | D3.js

まずは、サンプルコードの実行結果はこちら [crayon-5dd76d701db78968557583/] 今回紹介するのも複数の線グラフを表示するものですが、

続きを見る

2次元配列のデータを読み込んで、折れ線グラフを表示する

2016/02/24 | D3.js

2次元配列のデータを用意して、少し複雑なデータを読み込んで折れ線グラフを表示してみます。 サンプルコードの実行結果はこちら [crayon-5dd76d701e15c25

続きを見る

折れ線グラフを塗りつぶす

D3.jsでは両機内にを塗りつぶしたグラフを表示することができます。このとき、d3.svg.line()メソッドではなくて、d3.svg.area()メソッドを使います。 座標値を指定するx()、y

続きを見る

折れ線グラフを曲線、直線、階段状に表示する

D3.jsでは折れ線グラフを直線で表示するのではなく、曲線、階段状に表示することもできます。D3.jsでは、下記の表にある補間方法があります。 補間方法 説明

続きを見る

複数の折れ線グラフを表示する

複数の折れ線グラフを表示します。今回は3つのデータを用意して、3つの折れ線グラフを表示します。目盛りを表示する部分と折れ線グラフを描画する部分を関数にします。 サンプルコードの実行結果はこちら

続きを見る

折れ線グラフの縦方向の動きを分かりやすくする

2016/02/20 | D3.js

縦方向の表示を2倍に、目盛り(縦、横軸)を表示する グラフの変化を大きく見せるために縦方向の表示を2倍にします。 サンプルコードの実行結果はこちら [crayon-5

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク

jQueryMobile
トグルスイッチを設定する

トグルスイッチ(toggle switch)とは、〇型のつまみを左右に

jQueryMobile
項目選択の複数ウィジェットをグループ化する

年月日など、複数のリストから同時に選択したいとき、ウィジェットのグルー

jQueryMobile
<select>により項目選択

ボタンによる選択では、1つの項目だけ選択するか、複数を同時に選択するか

jQueryMobile
値を選択するボタンを表示する

値を選択するボタンは以下の2つがあります。 ・複数の値から1つだ

jQueryMobile
ボタンを設定する

前回の記事では<a data-role="button">

→もっと見る

  • スポンサーリンク

PAGE TOP ↑