スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒートマップをCanvasに表示する

前回の記事のヒートマップはSVGを用いて描画しました。ウェブブラウザではSVG以外にもピクセル単位でグラフィックを描画できるCanvasや、3D描画が可能なWebGL(Canvas 3D)があります。これまではSVGを使った記事を上げてきました。ですが、Canvasに描画したいこともあります。特に処理速度が問題となる場合には、SVGよりCanvasを利用した方が良い場合もあります。

サンプルコードの実行結果はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました