*

「 月別アーカイブ:2015年07月 」 一覧

透明度を少しづつ変更する fadeTo()

2015/07/10 | jQuery

fadeTo()は、セレクターで指定した要素の 透明度(CSSのopacityプロパティ)を、設定した値にまで少しづつ 変更する命令です。括弧内には、スピード、透明度、コールバック関数を 指定し

続きを見る

表示状態を切り替える fadeIn()/fadeOut()

2015/07/10 | jQuery ,

fadeIn()/fadeOut()は、文字通りです。 フェードイン・フェードアウトしながらHTML要素の 表示・非表示を切り替える命令です。 透明度(CSSのopacityプロパティ)の設

続きを見る

表示・非表示をスライドで交互に切り替える slideToggle()

2015/07/09 | jQuery

slideToggle()は、toggle()を スライドアニメーションにしたものです。 セレクターで指定した要素が指定されている場合は非表示に、 非表示のときは表示状態に切り替えます。

続きを見る

表示・非表示をスライドさせて切り替えるslidedown/slideUp()

2015/07/09 | jQuery ,

slidedown/slideUp()は、セレクターで指定した要素の 表示・非表示をスライドアニメーションで切り替える命令です。 slideDown()は、非表示の要素の高さを0から本来の高さ

続きを見る

要素の表示・非表示を交互に切り替える toggle()

toggle()は、要素の表示・非表示を交互に 切り替える命令です。セレクターで指定した要素が 表示されている場合は非表示に、非表示の場合は表示の状態に 変更します。show()/hide()と

続きを見る

表示中の要素を非表示にする hide()

hide()は、show()の逆の命令です。 表示されている状態(display:block)のHTML要素を 非表示(display:none)にします。 show()と同様にhide(.

続きを見る

非表示の要素を表示する show()

2015/07/07 | jQuery

show()は、CSSのdisplayプロパティの値が「none」、 非表示のHTML要素を、アニメーションしながら表示する命令です。 要素の透明度を透明から不透明に、サイズ(高さと幅)を0か

続きを見る

設定されたイベント処理を消す

設定されているイベント処理を取り消すには off()命令を使います。 $( セレクター ).off( "イベント発生の条件" ); サンプルコードでは、a要素がクリックされるとimg

続きを見る

対象の要素を絞ってイベントを登録する

今回紹介するon()は、 これまでの記事で紹介したイベントを別の書き方で 設定できるメソッドです。 基本的な書き方はone()と同様で、イベントの発生条件には、 click,dblcl

続きを見る

イベント発生時に一度だけ処理を行うone()

この命令は、指定した要素で発生したイベントに対して、 一度だけ実行する処理を設定します。 one()の括弧内にはイベントの発生条件を書きます。 イベント発生の条件には、click,dblcl

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク

jQueryMobile
トグルスイッチを設定する

トグルスイッチ(toggle switch)とは、〇型のつまみを左右に

jQueryMobile
項目選択の複数ウィジェットをグループ化する

年月日など、複数のリストから同時に選択したいとき、ウィジェットのグルー

jQueryMobile
<select>により項目選択

ボタンによる選択では、1つの項目だけ選択するか、複数を同時に選択するか

jQueryMobile
値を選択するボタンを表示する

値を選択するボタンは以下の2つがあります。 ・複数の値から1つだ

jQueryMobile
ボタンを設定する

前回の記事では<a data-role="button">

→もっと見る

  • スポンサーリンク

PAGE TOP ↑