スポンサーリンク
スポンサーリンク

透明度を少しづつ変更する fadeTo()

jQuery

fadeTo()は、セレクターで指定した要素の
透明度(CSSのopacityプロパティ)を、設定した値にまで少しづつ
変更する命令です。括弧内には、スピード、透明度、コールバック関数を
指定します。透明度は0(非表示)~1(表示)の数値を指定できます。

fadeOut(“slow”)とfadeTo(“slow”,0)との違って

fadeOut(“slow”)は最終的に透明度を0にして、
displayプロパティを「none」にします。

fadeTo(“slow”,0)は、最終的にopacityプロパティの値を0に
するだけです。displayプロパティは「block」のままです。

実行結果はこちらです。
透明度をボタンを押すことにより変更します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました