*

グループと図形移動

公開日: : 最終更新日:2016/01/25 D3.js ,

複数のSVG用をまとめて扱う場合に必要なものはグループ化です。
SVGではg要素を使って要素を囲みます。グループ化すると要素の
スタイルや位置を纏めて扱うことができます。g要素のスタイルは
内包する要素にも継承されます。

サンプルコードの実行結果はこちら

まとめて位置を調整する

g要素によりグループ化するメリットは、スタイルの指定よりも、
纏めて位置を調整できることです。D3.jsでは目盛りを表示することが
多いので、目盛りの線とラベルをグループ化して位置を調整することが
あります。

位置を調整する場合、g要素にtransform属性を指定します。
transform属性に下記の機能を指定できます。

機能 説明
translate(tx,ty) 相対的に位置を移動。例:横方向に20px、縦方向にー50px移動→translate(20px,-50px)
scale(s),scale(sx,sy) 拡大・縮小 例:横3倍、縦5倍→scale(3,5)
rotate(d),rotate(d,cx,cy) 回転。例反時計回りに60度回転→rotate(-60)

スポンサードリンク

関連記事

D3.js

D3.jsで目盛りを表示してみる

今回はグラフに加えて目盛りを表示します。 目盛りのスタイルを決めて、設定する 目盛りや数値や

記事を読む

D3.js

ヒートマップを作成する

ヒートマップはウェブページで多くクリックされた箇所や、地面や人体の温度変化を把握したいときに使われま

記事を読む

D3.js

データの追加と更新

データの追加処理 要素にデータを追加してグラフを表示するプログラムは何度も出てきています。データの

記事を読む

D3.js

ツリーマップを表示する

ツリーマップレイアウトは階層(親子)関係を利用してチャートを表示します。以前の記事で出てきたパックレ

記事を読む

D3.js

D3.jsで縦棒グラフを表示してみる

グラフの中でも使用頻度が高いのが縦棒グラフです。これまでの記事では横棒グラフを表示しましたが、原理は

記事を読む

D3.js

JSONデータを読み込んで、ボタンでパックレイアウトで表示するデータを切り替える

今回は、JSONデータを読み込んでパックレイアウトをまず表示します。そのうえでHTMLファイル上に3

記事を読む

D3.js

CSVファイルからデータを読み込んで、ヒストグラムを表示する

クラス別の点数をデータにしたCSVファイルを読み込んで、ボタンをクリックするとほかのクラスの成績表が

記事を読む

D3.js

散布図のデータに応じて目盛りを調整する

散布図に目盛りを表示してみます。 サンプルコードの実行結果はこちら [

記事を読む

D3.js

D3.jsでSVG図形を作成してみる

ページ内にdiv要素の中にsvg要素およびSVG図形の1つであるrect要素を 生成します。svg

記事を読む

D3.js

鶏頭図(けいとうず)を表示する

D3.jsでは円グラフに一工夫を加えることで鶏頭図を表示できます。鶏頭図は円グラフと似ていますが。そ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">



スポンサードリンク

jQueryMobile
トグルスイッチを設定する

トグルスイッチ(toggle switch)とは、〇型のつまみを左右に

jQueryMobile
項目選択の複数ウィジェットをグループ化する

年月日など、複数のリストから同時に選択したいとき、ウィジェットのグルー

jQueryMobile
<select>により項目選択

ボタンによる選択では、1つの項目だけ選択するか、複数を同時に選択するか

jQueryMobile
値を選択するボタンを表示する

値を選択するボタンは以下の2つがあります。 ・複数の値から1つだ

jQueryMobile
ボタンを設定する

前回の記事では<a data-role="button">

→もっと見る

  • スポンサーリンク

PAGE TOP ↑