*

ページのURLを設定する

公開日: : 最終更新日:2016/04/28 jQueryMobile

ユーザーにページのURLを知らせる時に使用するのがdata-url属性です。
data-url属性を使用したサンプルコードの実行結果はこちら

サンプルコードの実行結果を確認すると、初めに表示されるページにはページ2へのリンクが2つあり、リンク先はそれぞれ”page_2″,”#page2″です。どちらもページ2へ遷移しますが違いもあります。このHTML文書が以下のURLで表示されるとします。

http://vesna-memo.com/wp-content/uploads/sampleCode/jQuery/mobile/study/01/12.html

このURLから前者のリンクでページ2へ遷移すると、アドレスバーのURLが、

http://vesna-memo.com/wp-content/uploads/sampleCode/jQuery/mobile/study/01/page_2

と設定されます。ブラウザのステータスバーでは、リンク先もこのように表示され、同じHTML文書内のページあれば、data-url属性でdomain以下の部分を値として設定すると、前のページとの行き来ができます。

ですが、後者のリンクでページ2へ遷移すると、アドレスバーのURLが

http://vesna-memo.com/wp-content/uploads/sampleCode/jQuery/mobile/study/01/12.html#page2

設定されますこれだけではなくページ2(id=”page2″)のdata-url属性の値も”page2″に変更されるので、これ以降前者のリンクでページを遷移することができなくなります。この設定は、同一のHTML文書内のページだけではなくて、異なるHTML文書のページに対しても同じことができます。ただ、Ajaxによるページ遷移時だけです。

リンク先のコンテンツを前もって読み込む

表示中とは別のHTML文書のコンテンツ(ページやダイアログ)にリンクしているとき、通常はリンクがタップ・クリックされてからリンク先のコンテンツをAjax通信で読み込んで表示します。ですが、ネットの通信環境により読み込みに時間がかかることがあります、

そんなときに利用するのが、リンクを設定するaタグにdata-prefetch=”true”を追加しておくと、そのリンクを含むページが表示されるときに、リンク先のコンテンツも予め読み込む処理が行われます。読み込んだコンテンツが表示されるのは、それにリンクするaタグがクリック・タップされてからです。

こうすることで、画面の遷移時の待ち時間をユーザーに負担を感じさせずに済みますが、事前に読み込まれた時点のコンテンツが表示されるので、内容がリアルタイムのものではないことがあります。

DOMキャッシュの設定をする

表示中とは別のHTML文書からダイアログやページを読み込むときに、それらのタグにdata-dom-cache=”true”という設定をすると、一度通信して読み込まれたページの内容が表示中のHTML文書内に記憶されたままとなります。記憶されたページを表示するときは、ページを読む込むための通信が発生しないので、表示がすばやくなりますが、記憶された内容は最初に読み込んだ時点の物なので、情報はリアルタイムに反映できません。

この設定をしていないとき、a.htmlからb.htmlに遷移することを何度も繰り返すとページを遷移させるたびにサーバーと通信してページの内容を取得します。1回の通信ならかかる時間は少ないですが、サービスの規模が大きくなり、ユーザーがたくさん同時に通信を行うと、サーバーに大きな負担がかかるので、data-dom-cache=”true”はこういう時に効果を発揮します。

スポンサードリンク

関連記事

no image

項目リストを設定する

項目リスト(listview)は、ふくすうの項目を列挙するためのウィジェットで、項目には文字列や、画

記事を読む

no image

data-属性により、ヘッダとフッタを常時表示する

前回の記事の続きです。 ヘッダとフッタを常時表示 ページのヘッダとフッタにdata-posi

記事を読む

no image

ボタンを配置する

リンクを表すaタグに「data-role="button"」を追加すると、画面にはボタンが表示されま

記事を読む

no image

コンテンツを表示する

コンテンツはそのページのメインとなる情報を表示する部分です。コンテンツはヘッダとフッタの間に配置しま

記事を読む

no image

ページ(page)とは

jQueryMobileでは、スマートフォンの画面に表示するページ(page)というウィジェットで構

記事を読む

no image

jQueryMobileとフォームを組み合わせてみる

フォーム(user-submittable form)は、HTMLタグでは<form>タ

記事を読む

no image

移動しないヘッダ、フッタにIDを設定する

MozillaやWebkitベースのブラウザでは、リンクにdata-transition="slid

記事を読む

no image

data-属性によるウィジェットの設定

テーマの他にもウィジェットにdata-属性を追加して、色々な事ができます。 ウィジェ

記事を読む

no image

バルーンを表示、項目を分割、折り畳みやポップ内にlistviewを作成する。

バルーンとは、円形の囲みのことで、jQueryMobileでは、その内部に文字列を表示するために、実

記事を読む

no image

ボタンを設定する

前回の記事では<a data-role="button">によるボタンを取り上げましたが

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">



スポンサードリンク

jQueryMobile
トグルスイッチを設定する

トグルスイッチ(toggle switch)とは、〇型のつまみを左右に

jQueryMobile
項目選択の複数ウィジェットをグループ化する

年月日など、複数のリストから同時に選択したいとき、ウィジェットのグルー

jQueryMobile
<select>により項目選択

ボタンによる選択では、1つの項目だけ選択するか、複数を同時に選択するか

jQueryMobile
値を選択するボタンを表示する

値を選択するボタンは以下の2つがあります。 ・複数の値から1つだ

jQueryMobile
ボタンを設定する

前回の記事では<a data-role="button">

→もっと見る

  • スポンサーリンク

PAGE TOP ↑