スポンサーリンク
スポンサーリンク

XMLの仕組み

php

前回までに、テキストやCSVデータを扱い、色々なことに
試してきました。上記以外のデータにも利用することができます。
今回記述するのは
XML(eXtensible Markup Language)が普及しています。

PHPでは、XMLで表されたデータファイルを取り扱うことができます。
サンプルコードの実行結果はこちら

このデータは、食べ物のデータを表しています。
以下の部分で、「商品」「値段」を表しています。

<name>~</name>  「商品」
<price>~</price> 「値段」

それらを囲っている外側をみると、
1つフルーツであるデータを表しています。

<fruit>~</fruit>  1つの「フルーツ」のデータ

XMLでは、<>と</>に囲まれた部分がデータの区切りと
なっています。このデータの単位を要素(element)といいます。

木構造のしくみ

<fruit>要素の中には<name>要素、<price>要素があり、
<name>要素の中には、「りんご」というテキストがあります。
XML文章は、


要素の中に要素がある
要素の中にテキストがある

という構造を持っています。要素の中にある要素は、
さらに要素やテキストを含むことができるので、
階層構造(hierarchical structure)となっています。

XML文書では最上位の要素は1つであり、ルート要素(root element)と
呼ばれています。XML文書全体の構造を木構造(tree structure)と
言ったりもします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました