スポンサーリンク
スポンサーリンク

WebブラウザにHTMLを出力する

javaScript

メソッドって

javaScriptは、様々な要素がオブジェクトとして操作することができます。オブジェクトは、オブジェクトに用意されているメソッドと、属性であるプロパティから構成されています。
HTMLドキュメントは、javaScriptではdocumentオブジェクトとして扱われています。

今回は、メソッドの基本的な使い方について記載します。documentオブジェクトに備え付けられているwriteメソッドは、HTMLドキュメントに文字列を出力するメソッドです。このメソッドを使うことで、WebブラウザにHTMLタグを出力することができます。

実行結果はこちら。

実行して頂くと、「HTMLを出力する!!!」とブラウザに表示されています。

メソッドの書き方

オブジェクト名.メソッド名(引数);
オブジェクト名とメソッド名を「.(ピリオド)」で繋げています。

で、実際にサンプルコードをみると、
document.write(“<h1>HTMLを出力する!!!</h1>”);

と書いています。今回は、documentオブジェクトのwriteメソッドを
「<h1>HTMLを出力する!!!</h1>」という文字列を引数にして呼び出しています。
writeメソッドは引数をWebブラウザに出力するメソッドです。結果として、HTMLで直接タグで記述したのと同様です。

これと、
document.write(“<h1>HTMLを出力する!!!</h1>”);

これは、
<h1>HTMLを出力する!!!</h1>は同じです。

引数を複数指定したいときは

メソッドによって、複数の引数を指定するものがあります。その場合はカンマ「,」で区切って指定します。
オブジェクト名.メソッド名(引数1,引数2,引数3,….);サンプルコードの2つめのメソッドのようにできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました