スポンサーリンク
スポンサーリンク

javaScriptのプロパティの使い方

javaScript

プロパティに値を設定する

「=」の左辺にプロパティを、右辺に設定する値を書きます。算数では「=」演算子は、「等しい」ことを表しますが、プログラムでは左辺に、右辺の内容を代入するために使います。

documentオブジェクトのfgColorプロパティは、Webブラウザの前景色を設定するプロパティです。

document.fgColor = “red”;

と書くと、フォントが赤色になります。

windowオブジェクトとdocumentオブジェクト

Webブラウザ上のオブジェクトには親子関係があります。子供のオブジェクトは、親のオブジェクトのプロパティと考えることができます。下記のように書きます。

例を挙げるとすると、Webブラウザのウィンドウはwindowオブジェクトで、その子供としてHTMLドキュメントであるdocumentオブジェクトがあります。ということは、背景色を黒にしたい場合は、ちゃんとやると下記のようにします。

ですが、自分のウィンドウ要素を表す場合には「window.」を省略できるので、下記のように記述できます。

プロパティを指定するときの別の方法

プロパティには、オブジェクト名とピリオド「.」で接続する以外にも下記のように書くことでもアクセスできます。

例を挙げると、documentオブジェクトのbgColorプロパティの値を「pink」にしたい場合は次のように書きます。

ちなみに、こういう書き方を、連想配列と言います。他のプログラミング言語にもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました