スポンサーリンク
スポンサーリンク

四則演算と計算結果の余りを計算する

javaScript

四則演算と余りを導く計算

javaScriptのようなWebで使用するコンピューター言語は、計算に特化したプログラムはあまり聞いたことがありませんが、基本的な計算方法は理解したほうが良いと思います。

プログラミングの計算の基本は、四則演算剰余算(計算結果の余り)です。四則演算は、小学校で習った足し算、引き算、掛け算、割り算です。剰余算は割り算の余りを導きます。

足し算、引き算は「+」、「-」は算数と同じなのですが、掛け算は「*」(アスタリスク)と割り算は「/(スラッシュ)」を使います。剰余算は「%(パーセント)」を使います。

実行結果はこちらです。

基本的な演算子

5つ演算子ですが、下記の表にまとめました。

計算 演算子
足し算 +
引き算
掛け算 *
割り算 /
剰余算 %

剰余算はどういう時につかえば、いいのかという疑問があると思います。

私がゲームを制作してた時の経験をいうと以下の場合に使います。
・数値が偶数か奇数かを判定する

変数を使う利点

変数を使うメリットには、同じ値を使って様々な計算を行っているときに、値の変更が簡単に行えるメリットがあります。サンプルコードを見て頂ければわかりますが、num1,num2という変数を使って値を計算して出力しています。これを変数を使わずに表現するとnum1,num2に直接値を書かなければいけなくなってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました