スポンサーリンク
スポンサーリンク

リンクや文字を設定してみる

javaScript

HTMLには、書体、色、文字、リンクの設定を行うタグが用意されています。Stringオブジェクトには、上記の設定を行うためのメソッドがあります。それらのメソッドを使用することで、プログラムで文字の大きさや色などを設定できます。

例を挙げると、linkメソッドはリンクを設定するメソッドです。HTMLでは、<a href=”リンク先”></a>です。

今回は、Stringオブジェクトに用意されているHTML関連のメソッドの使用例として、fontsizeメソッドと、linkメソッドを見ていきます。

サンプルコードの実行結果はこちら

linkメソッド

linkは、ハイパーリンクを設定するメソッドです。サンプルコードのように、linkメソッドは文字列の一部に設定できます。

Stringオブジェクトには、今回書いた以外に、文字に関するHTMLを設定するメソッドが用意されています。フォントの色を設定するfontcolorメソッドや、書体をボールド体にするboldメソッドです。それらのメソッドはどれもStringオブジェクトのインスタンスに実行して、Stringオブジェクトのインスタンスを返します。なので、メソッドはピリオド「.」で連結して実行できます。たとえば、色を設定するfontcolorメソッドとフォントサイズを設定するfontsizeメソッドを連続して実行するには以下のように書きます。
例;
 testStr = str.fontcolor(“red”).fontsize(3);

コメント

タイトルとURLをコピーしました