スポンサーリンク
スポンサーリンク

if文 条件分岐をつけて処理をする

php

if文

PHPでは、状況に即した処理を行うとき、
条件の値(trueまたはfalse)に応じて処理を行うという
スタイルの文を書きます。
この文を条件判断文(conditional statemment)といいます。

if文

if( 条件 )
文;

前回の記事であった在庫の話に当てはめると・・・
if( 在庫がある )
 在庫があるときの処理
if文を書くことにより、条件(「在庫がある」)がtrueのとき、
「在庫があるときの処理」を行い、在庫がないときは
「在庫があるときの処理」は行われません。

if文で複数の文を処理

サンプルコードの21行目までは、1つの文で簡単な処理を書きました。
複数文も行うことができます。そのためには{ }でブロックを作り、
複数の文をまとめる必要があります。サンプルコードの24行目です。

if( 条件 ){
文1;
文2;
}

if文の中では、{}で囲んだブロック内の複数文を処理することが可

サンプルコードの実行結果はこちら
実際にサンプルコードを実行した方が分かりやすいと思います。
プログラム上にコメントアウトしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました